Menu

既婚者の必須アイテム

手

予算やニーズに応じて選ぶ

結婚式で行われる指輪の交換や、結婚後の日常生活に欠かせないアイテムが、既婚者の証でもある結婚指輪です。結婚指輪は毎日身につけるものですから、デザインやブランドだけではなく、着け心地や耐久性も重視して選ぶことが大切です。指輪の内側に新郎新婦のイニシャルや結婚した日付を刻印したり、小さなサイズの誕生石を埋め込んだりする楽しみも、結婚指輪ならではの醍醐味です。金やプラチナなどの地金を使って作られる結婚指輪の価格の相場は、10万円前後が一般的であると言われています。新郎の給与の3ヶ月分が相場とも言われる婚約指輪に比べて、比較的手頃な価格の商品が多いため、憧れの一流ジュエリーブランドでの購入も夢ではありません。華やかな印象でありながら実用性も抜群のエタニティリングを購入して、婚約指輪と結婚指輪を兼ねる方法もあります。経済的な余裕がない若い世代のカップルには、相場よりも少ない予算で購入できるシルバーの結婚指輪にも人気があります。金属アレルギーを持っている人は、アレルギーの原因になりにくいチタンやジルコニウム、イリジウム、ステンレスなどの素材で作られている結婚指輪を選ぶと安心です。事前に皮膚科の病院でパッチテストと呼ばれる検査を受けて、アレルギー反応を起こす金属を特定しておくのも良い方法です。相場や流行に囚われ過ぎることなく、無理なく身につけられる結婚指輪を選ぶことが、上手なショッピングの秘訣です。